Home > スキンケア > 蒸しタオル美容法のススメ

蒸しタオル美容法のススメ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 蒸しタオル美容法のススメ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
蒸しタオル美容法のススメ四条さやかのきれい研究所

こんにちは。ビューティライフコンサルタントの四条さやかです。
皆さんはこんなインタビュー記事を見たことはありませんか?「蒸しタオルを使って、毛穴を開いています」。そう、美人のスキンケアには、よく蒸しタオルが利用されているのです。でも、蒸しタオルってどんな風に活用したらいいの? そんなあなたのために、今回は蒸しタオルの活用法をご紹介します。

 

蒸しタオルの効果

蒸しタオルを使うとなぜいいのか。

まず、肌を温めることで、血行をよくし、新陳代謝を活発化させることができるということがポイントです。また、温めることで毛穴を開くことができるので、肌の奥の汚れや角質などをとる前に使用するのにも効果的。

もちろん、クリームをつけた後に蒸しタオルをあてたり、逆にハンドクリームやボディクリームを塗る前の肌を蒸しタオルで温めたりすることで、クリームの浸透を高めることもできますよ。

 

蒸しタオルの注意点

こんなにいいこと尽くめの蒸しタオルですが、やはり使用時には注意点があります。

まず、一番大切なのは乾燥。蒸しタオルを使った後は顔が乾燥しやすくなるので、早く水分を与えてあげることが大切。
また、これはお風呂に入った後にも言えることですが、肌が温められてやわらかくなっていますから、手荒に扱うのはNG。その後は、いつもよりもさらにやさしく触れるようにしましょう。
肌の弱い人や薄い人はタオルの温度がそれほど高くなくても、肌に赤みが出てくることも。お出かけ前などには考えて使うようにするほうが良いかもしれませんね。

 

蒸しタオルの作り方

でも、蒸しタオルってどうやって作ればいいの?という方のために、蒸しタオルの作り方をご紹介したいと思います。

1.

まず、タオルを縦に半分に折り、それをくるくると端から丸めてお絞りのような形にしていきます。そのタオルを水につけ、その後水滴が垂れないように絞ったらタオルの準備はOKです。

2.

その後、レンジで温めます。だいたい500w一分くらいでOKですが、レンジによって温まり方が違うので、最初は少し少なめから始めるといいですね。
レンジの中のにおいや汚れが気になる人はラップでくるむかビニールに入れるかしてレンジにいれれば大丈夫。ただし、ビニール袋などに入れる場合はタオルが熱くなりやすいのでしっかり先に水を絞っておきましょう。

3.

取り出すときには、かなり熱くなっていることがあるのでやけどに注意を。
また、肌に乗せる前には温度を確かめることも忘れずに。人肌程度で気持ちいい温度になったら、お肌に乗せていきます。温度がよくわからないときには、感覚が鋭い腕の内側で確かめるといいですよ。
肌に乗せる時間は30秒程度でOKです。タオルが冷たくなると逆効果なので、温度が下がる前にとりましょう。

タオルは耳までかけてあげると、より血行促進効果がありますよ。

 

蒸しタオルを利用するのは

では、この蒸しタオルは、どんなときに利用すると良いのでしょうか。おすすめなのは……。
1、クレンジングの前……肌の皮脂汚れなどをきちんと取りたいときなどに先に蒸しタオルを使うと効果的
2、洗顔後……保湿前に行うことで、肌を温めることで化粧水などの浸透をアップ
3、クリームなどをつけた後……温めることで、クリームがよくなじむように。またノビが悪いクリームのノビをよくする効果も。
4、顔色が悪いとき……血行をよくし、くすみ対策に

 

ただし、熱すぎるタオルをあてることで肌に負担をかけてしまう危険も。ですから、あまりやり過ぎないようにしてくださいね。スペシャルケア的に取り入れるのが一番のオススメです。
それでも、蒸しタオルはとても効果的な方法の一つ。

ぜひ上手に毎日のケアに取り入れてくださいね。新陳代謝もよくなって、きれいな肌になるはずですよ。



→ 四条さやかプロフィール
→ 原稿執筆、記事監修などお仕事に関するお問い合わせはこちら
▲このページのトップへ