Home > スキンケア > 肌老化を考えるなら日やけ止めはPA値で選ぶべし!?

肌老化を考えるなら日やけ止めはPA値で選ぶべし!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 肌老化を考えるなら日やけ止めはPA値で選ぶべし!?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
肌老化を考えるなら日やけ止めはPA値で選ぶべし!?四条さやかのきれい研究所

こんにちは。ビューティライフコンサルタントの四条さやかです。
今回のテーマは日焼け止め選びについてです。

エイジング対策を考えて日焼け止め選びをするのなら……

肌老化の主な原因のひとつが「紫外線ダメージによる光老化」であるのはご存じの通り。

 

エイジングを気にされる方はまずは日焼け止めを使い、しっかり紫外線防御をすること
が大切です。ただし、ここでひとつ問題なのが、光老化対策がきちんとできる日焼け止
めを選べているかどうか。

なんとなくSPFの横に書かれた数値だけを参考に日焼け止めを選んでいませんか?

 

SPF値だけで日焼け止めを選んでいたのでは光老化対策は、きちんとできていない
可能性が!

 

ご存じの通り、地上に届く紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類
があります。
(UVC(紫外線C波)は、オゾン層に阻まれ、基本的には地上には届いていないので、

今回は触れません)

 

そのうち、SPFの数値は主にシミや日焼けの原因となるUVB(紫外線B波)の防御力を
示すもの。確かに、日焼け、シミなどの対策は大切ですから、SPF値を確かめることは
必要です。

 

しかし、これだけでは肌老化対策は不完全!
なぜなら、主に肌老化の原因となるのは、紫外線は紫外線でも、UVA(紫外線A波)の
ほうだからです。

肌老化の大敵UVA(紫外線A波)とは?

UVA(紫外線A波)は、地上に届く紫外線の約95%をしめると言われ、肌の奥深くにある
真皮にまで到達するとされる紫外線です。

 

このUVA(紫外線A波)の特徴は、肌の弾力やハリを保つのに必要なコラーゲンやエラス
チン線維、ヒアルロン酸などを作り出す細胞を傷つけるということ。そのため、しわやたる
みの原因とされる他、シミが目立つ肌の原因にもなっています。

 

なんと肌老化の約80%の要因はUVA(紫外線A波)であると発表している専門家もいる
くらいなのです。

 

そう、実は肌のアンチエイジングを考えるなら、UVA(紫外線A波)を防ぐことが最優先事項。

 

どんなに、外からクリームや美容液を塗ってケアをしても、生活の中で紫外線をしっかり
防止し、肌の弾力を支えるコラーゲン、エラスチンを守らなくては意味がないからです。

 

しかも!
UVA(紫外線A波)は、UVB(紫外線B波)と違い、雲も窓も透過する特徴があるため、
曇り空の日や雨の日、家や乗り物の中でも安心できません。

 

ですから、日焼け止めだって当然UVA(紫外線A波)の防御率を防ぐ目安を示したPA値を
確認することが必要に。

 知っておきたいPA値の読み方

ちなみにPAとはProtection grade of UVAの略。後ろにつく+の数でUVAの防御率が示されています。(それに対してSPFはSun Protection Factorの略で後ろにつく数字が UVBを防ぐ指数となっています。最高が50です)

PA値は今まで日本で3段階表示でしたが、UVA(紫外線A波)の害が認識され、4段階に変更
されました。

すなわち
PA + 効果がある

PA ++ 効果がかなりある

PA +++ 効果が非常にある

PA ++++ 効果が極めて高い

 

美白に対する意識がとても強い日本人ですが、まだまだ日焼け止めを選ぶ際にはSPFの
数字ばかり注目しがち。

でも、UVA(紫外線A波)もUVB(紫外線B波)もそれぞれ肌にダメージを与えるもの。

特に、UVA(紫外線A波)は肌老化の原因となるものですから、しっかり防御していく必要

があります。

次回の日焼け止め選びは、PA値にも注目しながら選んで行きたいですね。

 



→ 四条さやかプロフィール
→ 原稿執筆、記事監修などお仕事に関するお問い合わせはこちら
▲このページのトップへ