Home > メイク > お悩み別!コンシーラーの使い分けポイント

お悩み別!コンシーラーの使い分けポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お悩み別!コンシーラーの使い分けポイント
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
お悩み別!コンシーラーの使い分けポイント四条さやかのきれい研究所

こんにちは。ビューティライフコンサルタントの四条さやかです。
今回のテーマは「コンシーラーの使い分け」についてです。

厚塗り感をなくしたい! それならばコンシーラーの活用を

年を取るごとに隠したい部分は増えるもの。

でも、ファンデーションを厚塗りに見えると今度は老けた印象になってしまうんですよね。
こんなときは、化粧下地、コンシーラー、お粉など他のアイテムの力も借りて
チームワークで隠すようにするのがオススメ。厚塗り感が減りますよ。

 

特にオススメなのがコンシーラーの活用。
隠したい肌のアラだけピンポイントで隠すことができるので、
その他のファンデは薄くつけるだけでOKになります。

 

ただし、コンシーラーに対して苦手意識を持っていると言う方も多いのが現状。
実際、「いろいろなタイプが売られているのでどれを選んでいいかわからない」
「とりあえず買ってみたけれどうまくアラを隠せなかった」などのお声をよく聞きますね。

 

同じコンシーラーでも形状、テクスチャーにより得意分野はさまざま。
それを理解した上で選ぶことで苦手意識を減らすことができるはず。
そこで今回はお悩み別、場所別にオススメのタイプをご紹介したいと思います。

 

お悩み別、使用部位別のオススメコンシーラータイプ

*目の周りや口周りなどよく動き、なおかつ乾燥しやすい場所を隠したい

→保湿成分が入った柔らかいテクスチャーのコンシーラー

 

*ニキビ跡のように凹凸のある場所を隠したい

→ペンタイプなど硬めのコンシーラー

 

*大きくて濃いシミをしっかり隠したい

→クリームタイプのコンシーラー
濃いシミの場合は下に濃い色を使い、その上から肌に合った色の
コンシーラーを乗せていくとよりきれいに隠せます。

 

*小さいシミをピンポイントで消したい

→チップタイプやスティックタイプのコンシーラー

 

*シワをなるべく隠したい

→光で飛ばす柔らかいテクスチャーのコンシーラー
(筆ペンタイプでシワにそってなぞるのがオススメ)

 

*目の下のクマを隠したい

→光で飛ばす柔らかいテクスチャーのコンシーラー
(筆ペンタイプでシワにそってなぞるのがオススメ)
青クマならばややオレンジがかったものを選ぶと隠しやすくなりますよ。

 

場所やお悩み別にコンシーラーを使い分けるときれいに仕上がります。
もし、悩んでいる方がいらっしゃったらぜひ参考にしてくださいね。



→ 四条さやかプロフィール
→ 原稿執筆、記事監修などお仕事に関するお問い合わせはこちら
▲このページのトップへ